育児ブログをはじめてよかったこと、気づいたこと

2018年5月1日

育児ブログを書き始めて1年半が経ちました。

息子5歳、娘3歳、色々なネタはあります。

何をどこまで書こうか悩みどころですが、日々の成長や悩んでいることは記録に残しておきたいなと思います。

育児ブログについて共感できる記事を見つけました。

育児ブログを始めてよかったこと・気づいたこと - パラレルジャーナル | 複業で、人生を新しく。
今回は「育児」に関するテーマ。 三十路男の悪あがきブログに書くように、思ったことを、思った通りに書かせていただきました。 育児ブログを始めてよかったこと 育児ブログを始めてよかったことの多くは、ブログを始めた頃には想像もしなかったことばかり。どれも「結果的によかったと思える」ことだけど、始めていなければ間違いなく得られ...

特に共感したのか以下の一文です。

「子供の写真と、自分の言葉(文字)で、本来なら忘れてしまっていたはずのリアルな「過去」を自分のために残せること、子育て中の人に届けられることは、紛れもなく育児ブログ最大の魅力です。」

これは本当にそう思います。

ブログに記載していなかった息子が2歳前後の頃。

娘が産まれて息子がさびしく思ったのか夜泣きがひどい時がありました。

そんな時は夜中でも私が抱っこ紐をして、線路沿いを歩き回っていました。

記憶だと暖かい時期だったのですが、何月頃だったか思い出せません。

でも、電車が好きな息子と二人で踏切でスタンバって電車を見たり、駅前まで夜中に子供を抱いて歩き回っていた記憶は良い思い出として残っています。

これがすでに美化された記憶なのかは分かりませんが・・・。

過去を思い出すのは限界がありますが、今この時からでも記録しておけばあとで大きな宝となると思いますので、しっかりと記録していきたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

育児ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする